タイでエビとカニを食べてみよう

was0016-054

エビとカニ、どちらも日本で買うと結構なお値段がして、気軽に食べられるものではありません。特に、大きなエビとなると結構なお値段となります。

しかし、エビ・カニ等甲殻類好きの方に朗報です。タイでは、両者が非常に安いです。特に、エビに関していえば、日本で「うっ」となるくらいの値段になるだろう大きさのエビが市場で8円くらいで買えます。タイでは、エビを買う際にはほとんどkg単位で買いますので、膨大な量のエビを安い価格で変えますのでうれしい限りです。大体、1kg300円くらいですので、本当に安いです。加えて非常に大きく新鮮味があるので、日本のエビとは正直、味や触感ともに比較になりません。

一方、カニについてはエビほど安くはありませんが、日本での価格に比べれば7分の1くらいの目安です。大体、私は10杯を買って1000円くらいで取引しています。ズワイガニより小さなカニで、黒いものですが、新鮮さは抜群で、火を通すとあの赤い色に変身します。カニの場合も㎏単位で売っていることが多いので、2㎏くださいというような要領で購入します。

上記2つについては、現地人が買う市場で買うようにしてください。ちょっと抵抗のある匂いが漂っていることがほとんどですが、そこは我慢どころです。その先には語句らが待っていますから。

それでは、買ってきたエビ・カニをどうやって食べるかということですが、これは塩焼きが私にとっては一番です。家を持っている友人に頼んで、その庭で七輪を使って、塩を振って焼き、レモンを絞って食べる。ナンプラーピッグをつけて食べる。一番シンプルな方法ですが、一番おいしい食べ方だと思います。ビールも進む進むということで、シーフードBBQパーティです。4人で飲み食いして、エビ・カニを1人がそれぞれ10匹・杯ずつ食べて、1人当たり2000円弱といったところでしょうか。日本でやったら0が一つ多いんだろうなと思いながら、黙々と食べる甲殻類は最高です。ぜひお試しを。