タイと海

2018年2月8日

タイには海があるというように感じている方々、多いと思います。それは事実で、素敵な海もたくさんあります。

しかし、首都バンコクから素敵な海を見ようとすると結構難儀をするのです。

バンコクから海に行くというと、現地人はまずパタヤビーチという海に行くことを考えます。バスでおよそ2時間。揺られて寝ている間につきますが、このパタヤビーチ、あまりきれいではありません。少なくとも青い海ということはまずまずありません。しかし、ビーチとしての機能はあるので、ちょっとした観光にはもってこいなんでしょう。ビーチ好きな白人の方々が多く滞在しているのは、バンコクよりもパタヤというくらいです。

それでもやはり、私たちとしては、透き通った青い海を見たいというのが本音ではないでしょうか。

となると、目指すはプーケット島となります。いまや、一大観光地になってしまったプーケット島ですが、海はとてもきれいです。街並みも素敵ですし、コテージが丘に立っているのは、明美なものです。

食事もバンコクに勝るとも劣らないシーフードがいただけますし、言うことはありません。ただし、観光地になっているので、ホテルはピンキリで、高いところは一泊うん十万するところも珍しくはありません。

そんな、時に使えるのがコンドミニアム型のホテルです。1週間滞在するのであれば、ホテルよりも安上がりで、気を置かなくてもよいので良いかと思います。

是非とも、プーケットに行く際には1週間くらいのバカンス気分で、コンドミニアム型のホテルに滞在するのがおすすめです。

ちなみに、もっともっときれいな海を体験したいのであれば、サムイ島というところが一番です。ここは、プーケットの海よりもさらに透明度があり青い海、まさに青い海という言葉がぴったりな観光スポットです。本当に心が疲れたら、サムイの海で癒しを求めてはいかがでしょう。