タイの麻薬取締官

2018年2月8日

タイにおいて、覚せい剤並びに麻薬の所持は極刑です。つまり死刑ということですね。そんな麻薬の取り締まりを行う人々、麻薬取締役官は、タイの中ではエリート中のエリートです。パトカーや服も通常の警察官とは異なり黄色いです。むろん発砲の許可もなされていますし、逮捕権限もあります。実際、警察官よりも多くの権限が与えられているのがこの麻薬取締官です。

日本にも、厚生労働省所管の麻薬取締官がいますが、発砲の許可までは許されてはいません。一方、タイでの麻薬取締官は非常に権限が強いのです。

実は、筆者の知り合いの一人がその職についているのですが、通常の警察官レベルは簡単に凌駕します。それって職権乱用なのでは???と思うこともしばしばありますが、守られている側なので、見て見ぬふりです。

そして彼の、銃の腕前は007なみです。そんなに発砲することがあるのかよと思えるほどです。軍隊直轄だったか、警察の直轄だったかは失念してしまいまいましたが、通常の警察官なんかよりも、明らかに銃の腕前がすごいです。他の人もそうなのかと質問したことがありましたが、「10発中8発はあてるのがふつうかな」と言っていました。すごいです。

また、彼らと同乗していると何事もないようにすべてが解決するので非常に助かります。結構タイの警察官というのは汚職役人が多いもので、いちゃもんつけてスピード違反の罰金を切って、それを自らの懐に入れるというのは結構日常茶飯事に行われます。しかし、彼と一緒にいるときは別です。黄色いパトカーに乗っているだけで、止められませんし、渋滞も存在しません。(これはどうかと思うのですが)

そんな彼ですが、仕事のことになるとすごいまじめで、日本の機動隊なんかあてにならないのではと思わせるくらいてきぱきとした采配で所持者を捕まえます。そんな彼らにあったら、とりあえず、嫌われないように、むしろ、好意的に接することが肝要です。仲良くなると、名刺をくれます。困ったら連絡してという感じです。皆さんも、ぜひともゲットしてください、黄色い服装の運ちゃんたちの名刺をば。