タイでビールを飲むときは氷を入れるのが常識

beer-375974_640

初めてのタイ旅行、飲食店に入り、いや、屋台でもいいですね、ビールを注文してみましょう。とりあえずビールという感じで。タイに来たことだし、シンハービールですかね。

店員さんがテーブルに置いた瞬間、目が点になります。「なぜ氷が入っているんでしょうか?そして、横の大量の氷は何?ウイスキーは頼んでないですけど。」こんなカルチャーショックを受けることでしょう。

そうなんです。タイでビールを飲む際には氷を入れるのが現地の常識。なぜなら、ぬるくなってしまうのは嫌だからです。私はビールが好きなので、ビールが解けた氷で薄まるほうがもっと嫌です。(それ故、現地でビールを頼むときは氷なしでと頼みます。)しかし、タイ人にとってはぬるいものを飲むというのは考えられないことのようです。確かに、その気持ちわからなくはないです。がしかし、その「冷たさ」への執着が尋常ではないのです。コーラを頼んだらスーパーのビニール袋に氷を大量に投入し、コーラを注ぎ、ストローを刺す。初めてだと、本当に衝撃的です。とにかく「氷、氷、氷」です。おそらく暑い気候で、飲食物がぬるくなるのを防止するのが、習慣化されてしまっているんでしょうね。

しかし、ここで要注意!海外旅行経験者ならば必須の知識、「生水は飲むな」です。このビール等に使われる氷、一般的にはきれいな水を使っていますが、ちょっと田舎なんぞに行くと、生水を凍らせたものが主流の氷です。お腹が弱い人は気を付けてください。

さて、ビールの話に戻りますが、タイのビール市場は3つのビールが争っています。1つ目は、先ほども出てきた、日本でもおなじみシンハービール。

2つ目は、シンハーと肩を並べるチャンビール(チャンは象という意味でゾウさんのマークがシンボルです。)。

3つ目は、庶民の味方、レオビール(ヒョウの絵がシンボルマークで描かれていて、メーカーはシンハービールと同じです。)。ぜひ、飲み比べをしてみてください、ビールの味の違いは酒の中で最も分かりにくいといわれていますが、すぐ判ります。「タイビールで何が好き?」と聞かれて「レオだね」と応える方はタイ上級者です。(ちなみに私はあまり好きではありません。というのも、レオは他の2つに比べて安いのですが、味が薄いのです。したがって、どうもレオを出されると、、、さらに氷までセッティングされていると、、、最早、水を飲んでいるのではないかと思ってしまいます。ただ、タイ人の中では大人気なビールです。)